LPガス 人と地球にスマイルを


  • 協会案内
  • ニュースリリース
  • よくあるご質問
  • リンク集
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 会員サイト
  • English
  •  

  • HOME
  • LPガスの概要
  • LPガスの特長
  • LPガス機器
  • LPガス事業の現在
  • 補助制度
  • 統計資料
  • ライブラリー
  •  

HOME > LPガス機器 > 業務・産業用

業務・産業用

ガスエンジンヒートポンプ(GHP)

ガスエンジンヒートポンプ(GHP)は、コンプレッサーをガスエンジンで駆動し、ヒートポンプによって冷暖房を行う空調システムです。電気のエアコン(EHP)と異なりガスエンジンによりポンプを駆動するため、消費電力をEHPの約1/10にまで削減することができます。また発電機を内蔵しているタイプなら、消費電力を1/100以下(およそ100W以下)にまで削減することができ、受変電設備費用の削減にもつながります。GHPは節電や電力のピークカット対策、また省CO2対策として有効です。

エグゼアロゴ

電源自立型空調「GHPハイパワープラス」


ガスエンジンコージェネレーション

ガスエンジンコージェネレーションは、ガスエンジンによる発電とその排熱を利用した給湯を同時に行うシステムです。電気と給湯を同時に効率よく利用するため、総合効率約80〜85%と高く省エネに役立つほか、系統電力消費の低減にもつながります。また停電時に発電・熱供給(給湯)が可能な停電対応機も市販されており、災害時のバックアップ電源・給湯器としても活用することができます。

コージェネレーションには、5kW〜30kW程度の「マイクロコージェネレーション」と呼ばれる比較的小さい出力のものと、300kW〜数万kW以上の出力をもつ大容量のものとがあり、前者は飲食店やホテル、アミューズメント施設向けなどの業務用として、後者は工場向けなどの産業用として広く利用されています。

■コージェネレーションの種類
コージェネレーションの種類


業務用厨房機器「涼厨」

業務用厨房機器「涼厨」は、厨房内の温度上昇の原因であった排熱の拡散と輻射熱を低減することにより「涼しい厨房」を実現した機器です。集中排気により排気熱の厨房内への拡散を防ぎ、空気断熱によって機器表面からの輻射熱を大幅に削減することにより、従来のガス厨房では30℃を超えることもある室温を常に25℃以下に保つことができます。それによって快適性の向上、空調負荷の低減によるエネルギーコストの低減など、様々なメリットが生まれます。

涼厨対応機器(一例)
パルスフライヤー コンベクションオーブン ガス炊飯器
パルスフライヤー コンベクションオーブン ガス炊飯器

涼厨の仕組み
涼厨の仕組み

進むLPガスへの燃料転換

現在国では、地球温暖化対策および省エネ対策の一環として、エネルギー多消費型設備(工業炉、ボイラー等)におけるエネルギー使用合理化に対する補助制度を実施しています。この制度は、燃焼時のCO2排出量が多い重油等の液体燃料からクリーンなLPガスへの燃料転換、または高効率の機器を導入することにより省CO2および省エネを促進することを目的とするもので、2011年の事業開始以降、たいへん多くのお客様にご活用いただきながら、着実にLPガスへの燃料転換が進められています。