LPガス 人と地球にスマイルを


  • 協会案内
  • ニュースリリース
  • よくあるご質問
  • リンク集
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 会員サイト
  • English
  •  

  • HOME
  • LPガスの概要
  • LPガスの特長
  • LPガス機器
  • LPガス事業の現在
  • 補助制度
  • 統計資料
  • ライブラリー
  •  

HOME > LPガスの概要 > LPガスの環境性

LPガスの環境性

LPガスはクリーンエネルギー

LPガスの燃焼時のCO2排出係数は、原油を1とした場合指数換算で0.86となり、ガソリンや灯油など他の石油製品と比べて約10%少なくなっており、LNGを含めた化石燃料の中でもトップクラスの環境性能を持っています。

なお、プロパン、ブタン別で見た場合、m3当たりの原単位がブタンのほうが高くなっているのは、ブタンのほうが産気率(液体から気体になる時の比率)が低いためです。


各燃料の燃焼に伴うCO2排出係数
炭素排出係数
(t-C/TJ)
指数
石炭
(一般炭)
24.42 1.29
A重油 19.32 1.02
原油 19.00 1.00
ガソリン 18.72 0.99
灯油 18.71 0.98
LPガス 16.38 0.86
都市ガス 13.80 0.73

(出典:総合エネルギー統計)



単位熱量当たりの排出係数を原油を1として指数表示
各燃料の燃焼に伴うCO2排出係数

プロパン・ブタン別CO2排出量原単位
  kg当たり m3当たり
プロパン 3.0kg 6.0kg
ブタン 3.0kg 8.5kg

(ご参考)



また生産・輸送段階での排出量も含めた場合は、石油を1とした場合指数換算で0.89となり、都市ガスやLNGとほぼ同等の低い排出量になっています。

生産・輸送段階も含めた場合の
CO2排出量(LCI)
  排出係数
[g-CO2/MJ]
指数
石油 73.98 1.00
石炭 94.98 1.28
LNG 61.57 0.83
都市ガス 62.95 0.85
LPガス 65.71 0.89
単位熱量当たりの排出係数を
原油を1として指数表示
生産・輸送段階の排出量も含めた場合(LCA)

出典:
(石油、石炭、LNG、都市ガス)
「LPガスの環境側面の評価−エネルギー製造・利用のLCI(ライフサイクルインベントリ)分析−」日本LPガス協会 2009年
(LPガス)
「地球温暖化対策の推進に関する法律施行令の一部を改正する政令」2010年3月