LPガス 人と地球にスマイルを


  • 協会案内
  • ニュースリリース
  • よくあるご質問
  • リンク集
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 会員サイト
  • English
  •  

  • HOME
  • LPガスの概要
  • LPガスの特長
  • LPガス機器
  • LPガス事業の現在
  • 補助制度
  • 統計資料
  • ライブラリー
  •  

HOME > LPガス機器 > 運輸用 > LPG車の環境性能

運輸用

LPG車の環境性能

クリーンな排ガス性能

LPG車の排気ガスは、他の燃料と比較して非常にクリーンです。例えばディーゼル車に比べてNOx※1 の排出量は5分の1、浮遊粒子状物質(SPM)※2 は検出限度以下で事実上ゼロ、発ガン性が指摘されるディーゼル排気微粒子(DEP)※3 やアルデヒド、ベンゼンも含まず、炭化水素(HC)※4 の排出量も微量です。この性能 は、電気、メタノール自動車、天然ガス自動車、ハイブリッド車と比較しても全く遜色がありません。

※1:窒素酸化物:(NOx)
長期的な影響として呼吸器に害を与えます。また目や咽喉に痛みを引き起こす光化学スモッグの原因となります。
※2:浮遊粒子状物質:(SPM)
大気中に浮遊している微粒子。呼吸器に悪影響を及ぼすだけでなく、スギ花粉症、発ガン性もあるといわれています。
※3:ディーゼル排気微粒子:(DEP)
ディーゼルエンジンからの排気に含まれている微粒子。有害性についてまとめたものが環境省のホームページに掲載されています。
http://www.env.go.jp/air/car/diesel-rep/h13/index.html
※4:炭化水素:(HC)
窒素酸化物と反応してオキシダント(Ox)を生成し、光化学スモッグの原因となります。

クリーンディーゼル車との比較

(出所:クリーンディーゼル車 CNG車:低公害車ガイドブック2003 環境省・経済産業省・国土交通省
LPG車:日本自動車研究所調査データ
ディーゼル車:日本車両検査協会測定データ)


CO2削減にも効果を発揮

近年地球温暖化の原因として問題とされているCO2の削減に対しても、LPG車は大きな力を秘めています。現在主流となりつつある先進型LPG車では、ガソリンと比べて約12%削減、ディーゼル車や旧式LPG車と比較しても約6%の削減効果があることが分かっています。また、費用面でもLPG車は他のクリーンエネルギー自動車と比べて比較的低コストで導入可能なため、地球温暖化問題解決の即戦力として、よりいっそうの普及拡大が期待さ れています。

環境性能のさらに詳しい情報については以下をご覧下さい。


LPGスタンドについては以下をご覧下さい。


燃費等コストについては以下をご覧下さい。