2020.3.19 エネルギー・環境政策

【内閣府】 「 第48回 総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)」(1/23)

統合イノベーション戦略推進会議(1/21)での「革新的環境イノベーション戦略」決定を受け、CSTIにおいても同戦略の最終決定を行った。


◇【内閣官房】「 第35回 未来投資会議」(2/7)
2020年夏の「新たな成長戦略実行計画」の策定に向けた、今後の進め方のたたき台(16項目で構成)が示され、今後の進め方についての議論が行われることとなった。
CSTIでの「革新的環境イノベーション戦略」はエネルギー・環境として11番項目として表記された。


◇【経済産業省 総合資源エネルギー調査会】
電力・ガス事業分科会 電力・ガス基本政策小委員会 ガス事業制度検討WG(2/21)
現在の標準熱量制を基準として、標準熱量引き下げや、熱量バンド制の選択肢を比較すると、バンド幅が大きくなればなるほど、効果に比べてコスト額がより大きく超過することがわかったため、現行の標準熱量制と比較しつつ標準熱量の引き下げや小さいバンド幅の選択肢から優先的に取り上げ、引き続き検討を継続することとなった。


◇【経済産業省 総合資源エネルギー調査会】
基本政策分科会 再生可能エネルギー主力電源化制度改革小委員会(2/25)
FIT法の改正に向け、下記中間取りまとめが行われた。


◇【経済産業省 総合資源エネルギー調査会】
基本政策分科会 持続可能な電力システム構築小委員会(2/25)
電事法改正に向け、下記中間取りまとめが行われた。


◇【経済産業省 総合資源エネルギー調査会 】資源・燃料分科会(2/26)
JOGMEC法改正に向け、下記提言の取りまとめが行われた。


◇【経済産業省】「強靱かつ持続可能な電気供給体制の確立を図るための電気事業法等の一部を改正する法律案」閣議決定(2/25)
上述のFIT法、電事法、JOGMEC法のそれぞれ一部を改正するための当該束ね法案は、第201回通常国会に提出されます。