2020.7.03 エネルギー・環境政策

エネルギー・環境政策の経過について

◇【環境省】地球温暖化対策推進本部(3/30) 地球温暖化対策推進本部にて「日本のNDC(国が決定する貢献)」が決定されました。 今回の決定は2015年に提出した約束草案(INDC)で示した現在の地球温暖化対策の水準から、更なる削減努力の追及に向けた検討を開始することを表明するもの。 https://www.env.go.jp/press/107941.html

◇【経済産業省 総合資源エネルギー調査会】「資源・燃料分科会」(3/30) 経済産業省は資源・燃料政策を取り巻く環境の大きな変化を踏まえ、「新国際資源戦略」を策定した。 資源・燃料政策に関する包括的な国際指針としては、2012年に策定された「資源確保戦略」以来8年ぶり。 https://www.meti.go.jp/press/2019/03/20200330009/20200330009-1.pdf

◇【経済産業省 ガス安全室】産業保安グループ(3/31) 2020年度液化石油ガス保安対策指針が策定されました。 https://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/oshirase/2020/03/20200331-01-01.pdf

◇【首相官邸】「第5回パリ協定長期成長戦略懇談会」(4/2) 本懇談会の総意として、 1.今世紀後半のできるだけ早期に「脱炭素社会」の実現を目指し、2050年までに80%の温室効果ガス排出削減に大胆に取り組む 2.1.5℃の努力目標を含む、パリ協定の長期目標の実現に向けた日本の貢献を示す 3.気候変動問題の解決には世界全体での取組みと非連続なイノベーションが不可欠であり、ビジネス主導の環境と成長の好循環を実現する長期戦略を策定すべき、との提言が取り纏められた。 https://www.kantei.go.jp/jp/singi/parikyoutei/siryou1.pdf

◇【経済産業省】電力安全小委員会(書面審議 4/14?21) エネルギー供給強靭化法案等が示された。 https://www.meti.go.jp/shingikai/sankoshin/hoan_shohi/denryoku_anzen/pdf/022_02_00.pdf

◇【経済産業省 産業構造審議会】保安・消費生活用製品安全分科会(Web会議6/4) 1.新型コロナウィルス感染症対策と産業保安 2.定期保安検査期限の延期、Web検査の実施 3.今後の保安行政(スマート保安)のあり方(ドローン・AI等活用)について議論された。